〜力学的直感によって振動シミュレーションの解の妥当性を判断する〜 FEM実験室-振動解析編

本セミナーはFEM 実験室の続編です。振動、ここでは特に共振現象に着目し、実際に振動試験を行い、実験を通じて振動現象を理解すると共に、力学的直感を養います。

講師 中畑 和之 氏
愛媛大学 大学院 理工学研究科 教授
渡邉 大 氏
芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科 准教授
対象
  • 実験を通して振動現象の本質を理解したい方
  • CAEの振動解析を正しく行いたい方
  • 実験値とシミュレーション値の違いを知りたい方
※本セミナーの目的はシミュレーションと実験の比較であるためANSYSを使ったことのない方でも問題ありません。
受講形態 実験、理論講義
受講料 43,200円(税込)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。

時間 10:00〜17:00
会場 東京開催:  弊社 東京本社
名古屋開催: 弊社 中部支社
大阪開催:  弊社 西日本支社
定員 東京会場  20名
名古屋会場 12名
大阪会場 20名

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

概要・主旨
タイムテーブル・目次
受講後の感想

概要と主旨

セミナーの風景(FEM実験室-振動編)を動画で公開中です。 技術者がCAE ソフトを有効活用するために、数値的に得られた解は妥当であるかの判断をすることが重要です。また、動的な解析の場合、時間域と周波数域の2つのアプローチがあり、これらの特性を理解した上で、手法の選択および解の評価をしなければなりません。

本セミナーはFEM 実験室の続編です。振動、ここでは特に共振現象に着目し、実際に振動試験を行います。実験を通じて、振動現象を理解すると共に、力学的直感を養います。また、振動実験とCAE 解との乖離を減らすための考察を行います。これによってシミュレーションモデルの作成や解析結果評価についての視野が広がることでしょう。

講座テキストサンプル

事前学習情報

事前学習として
望ましい知識
高校数学(関数,微分・積分),高校物理(力学,波)

プログラム

開始時間 項目
10:00 実験のための振動理論を含めた基礎知識等の予備講義
(振動数,振幅,固有振動,モード,周期・・)
10:30 ・実験1 手回し振動試験機を用いた共振の体感
・固有振動数の理論値の電卓計算
11:10 固有振動数のFEM解析
11:30 周波数域データと時間域データの取り扱い、およびそれらの変換(フーリエ解析)を各自のPCで演習
12:15 昼食休憩
13:15 ・実験2 衝撃加振による振動試験 a
・実験値と数値解(理論値)の比較
・実験3 衝撃加振による振動試験a 再トライ
・考察
・実験4 衝撃加振による振動試験 b
・実験値と数値解の比較
・考察
16:30 減衰理論,および減衰を考慮した過渡応答解析について
17:00 終了
  • 内容に若干変更が生じる可能性がございます。
  • 各講演時間・順序が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

受講後の感想

情報・通信/解析/3〜5年/2014年受講
振動(共振)についての理論式も勉強になりました。実務での実測と解析の差分について理解が深まり、役立つと思います。
電気機器/解析/3〜5年/2014年受講
ボルトの締め付けトルクによって、固有振動数(剛性)が変わる実験が興味深かった。
電気機器/機械設計/3〜5年/2014年受講
固有振動数の正しい計測方法を学ぶことができました。さっそく自社で活用したいと思います。
機械/解析/0〜2年/2014年受講
基本的な実験を行って基礎を確認するといった機会はなかなか持てないので、今回実験と理論を比較しながら学べて、勉強になりました。
電機メーカー/研究開発/10年/2013年モニター受講
実験で確認することは理解しやすい。
実験結果と理論/解析解との違いがよく分かった。
精密機器/研究開発/3年/2013年モニター受講
基本の理論がすごくよくわかりました。
なかなかじっくり考える時がないので、勉強になりました。
電機メーカー/解析/10年/2013年モニター受講
他の受講者たちとグループで取り組んだのが新鮮だった。
航空機部品メーカー/解析/2年/2013年モニター受講
共振が実験を通してどういうものかが分かった。
また、フーリエ変換に関してどのように見ればいいのかが分かった。

関連ページ

FEM(有限要素法)分野講座
実験室シリーズ講座
CAEコラム:CAE ユニバーシティ トピックセミナー「FEM実験室」