解析講座はじめてみよう!流体解析(実践編)
〜誤差との上手なつき合い方(1)〜

目次

はじめに

現在、製品開発の現場において、CAEが使用されることは一般的になり、設計から試作、検証、量産まで様々な工程で解析の必要性が高まっています。

一例を挙げますと、発熱素子を含む筐体では、熱逃げ経路としては熱伝導だけではなく熱伝達の影響度合いも大きいため、精度良く解析するには熱伝達による熱移動を正確に解析する必要があります。このため、伝熱による解析ではなく周囲の流体挙動も解くことが可能な熱流体解析が必要となります。

例えば、「CAEソフトの使い方はある程度習熟したが、実験結果と解析結果に差があり、実験が再現できない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?この連載では、そうした「誤差」と上手につきあう方法について、具体例をもとに解説していきます。さらに解析を有効活用するための一助となれば幸いです。

避けられない実現象との「誤差」

実験でも解析でも、実現象を空間的・時間的にすべて再現できるわけではなく、なんらかの仮定のもとに実現象の一部分を再現しているにすぎません。そのため、実験、解析とも結果に誤差(実現象との差)を含みますので、実験と解析の間にも差(=ギャップ)が必ず発生します(図1)。


図1 実現象-実験-解析の誤差とギャップ

しかし、誤差があるから解析結果が使えないわけではありません。目的によっては、そのままで必要十分な知見が得られることもあるでしょう。また、実験や解析で生じる誤差には原因があります。この原因を理解して、それぞれの誤差を減らし、実験と解析のギャップを減らすことができれば、実験も解析もより有効に活用できるようになります。

>>次ページ:「誤差」とのつきあい方は目的次第 〜定性評価と定量評価〜

1 2 3

関連の解析事例




関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ