流体解析医療系CTスキャンデータをもとに脳動脈瘤内の血流を可視化する事例

  • 医療系CTスキャンデータを元に、血管内の流動状態を可視化したい

動脈瘤内の流れ解析を流体解析ツール ANSYS CFXメッシングツール ANSYS Extended Meshingで行った事例です。
実際にMRIで撮影された一連のDICOM画像データから脳血管のみをReal INTAGEで表示します。 その後、脳動脈瘤の周辺組織を抽出して、STL(Stereo Lithography)モデルを作成しました。STLデータはANSYS Extended Meshingに取り込み、ジオメトリ修正とメッシングを行います。取り込み直後のファセットデータは、約10000ファセットです。

データは切り出し面に大きな穴があり、このままではメッシングが出来ません。メッシングのために閉じたボリュームにする必要があるため、穴をふさぎます。ジオメトリの自動チェック機能により、穴が開いている部分が表示されるので、そのエッジラインを使ってジオメトリを修正します。サイズを指定した後は自動でメッシングを行います。要素数は628,896、節点数は114,536です。
ANSYS Extended Meshingの中で定義した領域情報は、ANSYS CFX内でも反映され、ツリー状に領域情報が表示されます。圧力や流速がかかる位置などの条件を設定して計算を流すと流線での流速、コンター図での圧力分布などが可能です。
これ以外にも、動脈瘤などで流れの解析を行い、コイルをつめたときに流線がどう変わるかなどをシミュレーションすることも可能です。

解析結果

ANSYS Extended Meshingでジオメトリ修正とメッシング 10,005ファセットSTLデータ


取り込み直後のファセットデータ

切り出し部にサーフェースを追加
脳動脈瘤内の血流動態 解析事例

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用

※この事例では、上記に加えて以下の医用画像処理ソフトウェアのライセンスが必要です。
Real INTAGE

 

関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ