落下・衝突解析段積みゴムボールの落下解析

  • 落下解析を実施したいが、どのように設定して良いのかわからない。

段積みゴムボールの落下は、東京理科大学の塚本 浩司氏によって命名されている「すっとびボール」※1(別名:多段式垂直衝突球)という実験器で市販されている内容です。
3段に積み上げたゴムボールを床面に落下させると、下のボールが床に衝突し、つぎにこれが上から落下した中ボール、小ボールが順に正面衝突をおこし、一番上のゴムボールが落下速度よりも速い速度で飛び出して、もとの高さよりも高くまで跳ね上がるというものです。こちらについて、シミュレーションにて確認しました。

クリックで動画再生

クリックで動画再生


解析モデル

解析結果


図.変形結果
(画像クリックで動画再生)

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用

関連キーワード

参考文献

※1 東京理科大学大学院理学研究科理数教育専攻 塚本 浩司氏
物理教育 [巻号一覧]物理教育 49(6), 537-541, 2001-12-25 日本物理教育学会

 

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ