T:その他

GT-013 自動化が困難なCAEの最適化

CAEを用いた最適化計算を実施するには、解析処理の自動化が必須となります。従来バッチ処理やAPIといった技術による自動化が一般的ですが、これらの仕組みを持たないCAEツールでは、一般的に最適化計算が困難でした。このような課題に対する解決策の1つが、近年注目されているRPA(Robotic Process Automation)の活用です。RPAはユーザーの操作履歴を記録し、所望の処理を自動化できるため、バッチ処理やAPIの仕組みを持たないCAEツールも自動化が可能です。本事例では、ANSYS Discovery Liveによるスタティックミキサーの流体解析をRPAツールで自動化し、Optimusで多目的最適化する事例を紹介しています。

ANSYS Discovery Live
事例ダウンロードお申し込み


PT-004JMAG-Optimus連携による中間ファイルを用いた形状最適化

JMAG-Designerに非対応のCADや何らかの事情により中間ファイルフォーマットのCADデータを利用する必要がある場合、自動化の仕組みを構築することは容易ではありません。 本事例では、SpaceClaimによる中間ファイルデータを用いた形状変更、形状変更データのJMAG-Designerへのインポート、Optimusによる形状変更から解析実行の自動化をご紹介します。

JMAG-Designer,SpaceClaim 事例ダウンロードお申し込み


T-001ナップサック問題への適用例

本資料では組み合わせ最適化問題の1つとして知られる「ナップサック問題」にOptimusの最適化アルゴリズムを適用した例を紹介します。

事例ダウンロードお申し込み



セミナー

 


お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 Optimus お問い合わせ窓口
TEL: 03-5297-3299 (受付時間 9:30〜12:00、13:00〜17:00(土日祝日・弊社特別休業日を除く)
お問い合わせ全般  お問い合わせフォーム  お問い合わせ一覧