製品情報

M-SeeCU(Management and Sharing Environment for Engineering data , Cybernet U)とは、電子・電気設計部門で生成される「BOM(部品表)/回路図/各種ドキュメント等のデータや部品情報などを一元管理、活用するためのアプリケーションです。電気設計業務を効率的に行う統一された設計環境を実現し、部門間、設計者間で各種データの共有化を推進することが可能です。 M-SeeC IIとは


M-SeeC U 機能構成図 部品情報管理 BOM情報管理 成果物管理

コンセプト

サイバネットシステムでは、上記の課題を抱えているお客様やこれからシステム導入によって電気・電子部門の効率化を検討されているお客様の課題を解決するためのITシステムとして、M-SeeCUの導入を推進しております。
コンセプト

M-SeeC U 機能紹介

  • 部品情報管理機能
    • 電気設計情報に特化した部品マスタ管理により、誰もが必要に応じて必要な情報をすばやく取得することが可能となります。
  • BOM管理機能
    • 回路データ、部品マスタから情報を自動取得し、都度、部品マスタと連動し、簡単にすばやく、品質を担保した部品表を作成/管理することが可能となります。
  • 成果物管理機能
    • 仕掛、成果物をセット管理、履歴管理を行い、そのセット管理されたデータを確実に再利用できる環境を構築します。