TIPS - Realia Professional活用のコツスラブMIPで骨回避

斜断面機能に、薄い厚み(Thin Slab)を持たせることができます。

MIP時に、高信号を呈する骨の領域を含まないように設定することができます。

VRモードに適用すれば、視線上手前にある構造物を、一時的に除去することができます。

複雑な抽出操作や、閾値を上げすぎたりする危険性が減ります。


お問い合わせフォーム