IT資産管理ツールの比較・相談ならIT資産管理の窓口


Windows 10時代のPC運用管理術 大きく変化した更新プログラムの適用方法

Microsoft Windows 10が2015年7月にリリースされてから、すでに3年以上が経過しました。最初の1〜2年はなかなかWindows 7からの移行が進まないという状況でしたが、現在ではかなりの数のPCでWindows 10が動いています。

そこでWindows 10で大きく変化した更新プログラムの適用方法をご紹介いたします。

Windows 10のシェアがWindows 7を上回る

StatCounterが公開している「Desktop Windows Versions Market Share Worldwide」によれば、Windows 10のシェアは2017年12月にWindows 7を逆転し、2018年9月には48%に達しました。その一方でWindows 7のシェアは40%を割り込んでいます。時間はかかっているものの、Windows 10への移行は着実に進んでいるといってもよさそうです。

この移行は今後、さらに加速していくでしょう。Windows 7の延長サポートは2020年1月に終了することになっており、それまでの期間はすでに1年半を切っているからです。大規模な移行を行うには、そろそろ移行計画を立案する必要があります。Windows 7は確かによくできたOSであり、それが故に広く普及しましたが、まだこれを使い続けている企業は、そろそろWindows 10に向けた一歩を踏み出すべきだといえるでしょう。

また別の理由からも、Windows 7の使用は早急に終わらせるべきです。Windows 7は古いセキュリティアーキテクチャにもとづいており、数多くのセキュリティ機能が統合されたWindows 10に比べ、脆弱性が高いと指摘されているからです。

Windows 10への移行でまず注意したいWindows Updateの変化

Windows 10への移行でまず注意すべきなのが、更新プログラムの適用方法(Windows Update)が変化したことでしょう。その背景にあるのは、Windows 10のコンセプトが、それ以前のWindowsと大きく異なっていることです。

Windows 10はOSを「製品」として販売するのではなく、「サービス」として提供する「Windows as a Service」というコンセプトを採用しています。従来のWindowsでは、3年程度のサイクルで機能改善や新機能追加が行われたサービスパックが提供されてきましたが、Windows 10ではこれが随時「サービス」として行われるようになります。リリースサイクルが短いクラウドサービスと同じような感覚で、OS自体も進化させていこうとしているのです。

Windows 10では半年毎に新機能が提供され、Windows Updateが直接マイクロソフトのWindows Updateサイトにアクセスし、自動的に取得・インストールされるようになります。これは企業ユーザーにとっては悩ましい問題です。社内でテストを行うことなく新しい更新プログラムが適用されてしまうと、業務アプリケーションが突然動かなくなるなどのトラブルが発生する危険性があるからです。

このような問題を回避するため、マイクロソフトはWindows 10に関して、3種類のサービシングモデルを提供しています。

第1のモデルは「Semi-Annual Channel (Targeted)(SACT)」です。これは常に最新機能が提供されるサービシングモデルであり、主にコンシューマーを対象にしています。

第2は「Semi-Annual Channel(SAC)」。これは主に企業ユーザー向けに用意されたモデルであり、SACTで提供された新機能を4〜12ヶ月遅れで適用できるというものです。

第3は「Long-Term Servicing Channel(LTSC)」。これは機能更新を行わず、セキュリティ更新プログラムと修正プログラムのみを提供するモデルです。

すでにWindows 10へ移行した企業では、SACをメインに展開し、必要に応じて一部の特殊用途向けにLTSCを利用するケースが一般的です。それではこれによって、Windows Updateの運用はどのように変わるのでしょうか。次回はこれについて、より具体的に解説していきます。

関連記事

大きく変化した更新プログラムの適用方法 Windows 10の更新運用イメージと
想定される課題
セミナー・イベント
セミナー
売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー
東京:10月26日(金)、11月28日(水)、12月20日(木)
会場:弊社セミナールーム
オンラインセミナー
EDRを実装した次世代アンチウイルスとは?
10月19日(金)、11月16日(金)、12月7日(金)
オンラインセミナー
20分でわかる!あのIT資産管理ツールのポイントを徹底解説(全5回シリーズ)
10月16日(火)、11月1日(木)、11月15日(木)、12月6日(木)、12月13日(木)
セミナー
進化し続けるサイバー攻撃や内部不正などのリスク対策とは
東京:10月25日(木)
会場:弊社セミナールーム
オンラインセミナー
クラウドID管理の課題を解決する「IDaaS」とは? OneLoginご紹介セミナー
10月31日(水)、11月14日(水)、12月5日 (水)
オンラインセミナー
CASBって何?クラウドセキュリティ入門セミナー
12月12日(水)