ハードディスク暗号化ソリューションCheck Point Full Disk Encryption
(旧製品名 Pointsec PC)

Check Point Full Disk Encryption(旧製品名:Pointsec PC)はハードディスク全体を自動的に暗号化し、PCの盗難・紛失時、また悪意ある第三者によるハードディスク・データ読み出しから貴重な情報を保護します。

Check Point Full Disk Encryptionとは

Check Point Full Disk Encryption(以下Full Disk Encryption、旧製品名 Pointsec PC)は導入規模を問わず、全世界で6300万ライセンスの出荷実績を誇るハードディスク暗号化ソフトウェアです。(2011年10月末調べ)クライアントPCの「盗難」や「紛失」時の情報漏えい対策を簡単に実現します。

ハードディスク暗号化とは

ポイント1 万が一の盗難・紛失時にも安心

世界最高水準のHDD暗号化ソフト

Full Disk Encryptionは、全世界で6300万ライセンスの出荷実績を持ち、日本国内では175万ライセンスを出荷するHDD暗号化ソフトウェアです。世界最高レベルの認証を多数取得し、米国政府関連機関(米国海軍・陸軍、米国司法省、米国連邦捜査局など)や世界のメジャー企業に幅広く採用されています。米調査会社によるモバイルデータ保護の総合評価では、15年連続(2001年〜2015年)でマーケット・リーダーの評価をうけています。

ハードディスクを丸ごと暗号化

Full Disk Encryptionは、ハードディスクのデータ領域だけではなく、OSなどのシステム領域やデスクトップを含むハードディスク全体を自動的に暗号化し、PC内のデータを強力なセキュリティで守ります。
ハードディスク暗号化の機能詳細はこちら

確かな認証とWindowsとの連携

Full Disk EncryptionはWindows OS起動前にFull Disk Encryption独自の認証を行うので、認証されないユーザーはWindows OSの起動すらできません。独自認証を追加することで、Windows OSを対象にしたパスワードクラッキングやハッキングツールからもPCを保護します。

ポイント2 管理者・ユーザー双方の利便性が高い

オフライン環境、ネットワーク環境どちらでも導入・運用が可能

Full Disk Encryptionは、ネットワーク環境の有無を問わず、様々な環境に導入することができます。オフライン環境、ネットワーク環境の双方に対応しています。クライアント / サーバー型ソフトウェアにつきものの、「ネットワークに接続していないと導入ができない」などといったことはありません。

また、集中管理を実現する「Standard」をはじめ、PCへのインストールのみで簡単に運用開始できる「Lite」や「クラウド対応版」の3種類のラインナップをご用意しております。
詳しくはこちら

ユーザーは暗号化を意識しない

HDD暗号化製品は、システム側で自動処理するため、利用者の作業は必要ありません。ただ、こうした自動処理がファイル操作のたびに行われることで、PCの処理速度に影響がでることがあります。

その点、Full Disk Encryptionは、PCのパフォーマンスを落とさない点が特長のツールです。時間がかかるといわれている初期暗号化の時間も、1GBあたり約20秒(暗号化ストレージがSSDの場合/当社調べ)と短時間で処理します。利用者にもPCにも、負荷がかかることはありません
他社製品とのパフォーマンス比較はこちら

セキュアなパスワード忘れ対応とデータ復旧機能

ユーザーがパスワードを忘れた場合には、管理者とユーザーの双方でコードの発行・受渡を行うことでセキュアにパスワードの再設定が行えます。また、PCが起動しない場合には、暗号化されたデータを救済する付属のGUIベースのデータリカバリツールを使って、容易にデータの復旧が可能になります。


 



お問い合わせ サイバネットシステム株式会社 ITソリューション事業部 TEL: 03-5297-3487 (平日 9:00-17:30)
お問い合わせ全般  価格お問い合わせ  評価版お申し込み