可視化メソッド 入力データはもっと細かいはずなのに、表示結果が粗いのですが。

対処方法

データが粗いと思った場合は、各メソッドの [データの圧縮] スライダーの値をご覧下さい。
その値を “1” にすることにより、データ読み飛ばしをせずに、元データそのままの細かさで可視化します。

データの大きさや可視化メソッドの種類によっては、表示までに時間がかかる場合があります。
MicroAVS ではそういったケースを考慮し、可視化メソッドを ON にした直後では、一部のデータを読み飛ばした簡略高速表示を行っている場合があります。

表示に時間がかかるような可視化を行う場合、パラメータや視点を決めるための作業の間は[データの圧縮] を 2 以上の値にして高速に可視化し、値が決まった後、最終的な表示を行う時に [データの圧縮] を 1 にするといった使い方をすると、作業の効率化が図れます。


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS評価版ダウンロード
AVS/Express English Website
[an error occurred while processing this directive]