ANSYS 18.0リリース情報


2017年2月、ANSYS 18.0がリリースされました。
ANSYS 18.0は、現実世界とデジタル世界の融合によるイノベーションを支援します。現実世界の複雑な現象をデジタル世界でシミュレーション可能となります。デジタル・ツイン実現のための強力なマルチフィジックス技術で、開発から保守までの製品サイクル全体において活用できるソリューションを提供します。

プロダクト別新機能


ANSYS 18.0のハイライト

マルチフィジックス解析 (ANSYS AIM Pro)
構造解析
熱流体解析
電磁界解析
プリポスト機能

マルチフィジックス解析 (ANSYS AIM Pro)

ANSYS 18.0では従来のマルチフィジックス機能に加えて、変圧器、変換器、バスバー等の電磁機器に対応する電磁界解析が強化されました。またANSYSのフラッグシップ製品へのモデルの受け渡しが容易になったことから設計者と解析専任者間でのコラボレーション環境を提供します。

電磁機器における電磁界周波数応答解析および伝熱解析機能の追加

変圧器、変換器、バスバー等の電磁機器における電磁界周波数応答解析および伝熱解析機能が追加されました。操作性に優れたユーザーインターフェースに加えて、柔軟なカスタマイズ機能により作業の自動化を図れるため、磁気および伝熱特性を容易に評価することが可能となります。



液体ガラス内の過電流密度

設計者−解析専任者間のコラボレーションを促進

ハイエンド構造解析ツール「ANSYS Mechanical」やハイエンド流体解析ツール「ANSYS Fluent」へのモデルの受け渡しが容易になりました。モデルデータをこれらのANSYSフラッグシップ製品へと迅速に渡すことができるため、設計者が実施した解析結果を解析専任者が確認することが容易となり、受け取ったデータをもとに、より高度なシミュレーションを行うことが可能となります。


AIMからFluentへ転送されたバタフライバルブのジオメトリとメッシュ

構造解析

ANSYS 18.0はより軽量、堅牢、高機能な製品に対する顧客の要求を満たします。複雑で高度な材料の解析や、新しい製造工法のための設計や形状最適化、エレクトロ二クス製品の信頼性確保のための新しい技術や機能を搭載しています。

3Dプリンティングに対応したトポロジー最適化技術

トポロジー最適化機能が標準機能となりました。構造体の物理的な制約と性能目標を両立する条件を自動で探索します。計算結果は形状データ(STL)として出力でき、それらを「ANSYS SpaceClaim」で修正する事で3Dプリンティングまたは製造のためのデータとして活用することができます。
>>詳しく見る


トポロジー最適化

部品からプリント実装基板レベルまでの正確なモデリング

ANSYS 18.0は、部品パッケージから基板レベルまでの電子システム全体を正確かつ効率的にモデル化することができます。同一のインターフェース上で、電気系CADからの詳細なPCBレイアウトと電子部品のモデル化に加えて、機械系CADから実装部品を含めたプリント基板全体の形状モデルを利用することができます。


プリント基板のビアモデル

熱流体解析

新しいパッケージングによる大幅な付加価値の向上

ANSYS 流体製品の新しいパッケージは、エントリーレベルの「ANSYS AIM Pro」から始まり、順に「ANSYS CFD Premium」、「ANSYS CFD Enterprise」で構成されており、エントリーレベルからアドバンスレベルまでシンプルかつスケーラブルなステップアップが可能となりました。

「ANSYS AIM Pro」はすべてのエンジニアのために設計されたエントリーレベルの製品です。操作性に優れた最新の操作環境で、流体解析だけでなく構造解析や電磁界解析、マルチフィジックス解析が可能です。

「ANSYS CFD Premium」は経験豊富なエンジニア向けの製品です。業界最高クラスの解析精度とロバスト性を備えたハイエンド流体解析ソフトウェア 「ANSYS CFX」および「ANSYS Fluent」を含んでおり、高速に信頼性の高い解析結果を得ることが可能です。また、より深い洞察を提供する最適化機能やモデリング機能を利用可能です。

「ANSYS CFD Enterprise」は大規模な組織で広範かつ多岐に渡る課題に取り組むCFDエキスパートのための製品です。「ANSYS AIM Pro」、「ANSYS CFD Premium」の全機能に加えて、ブロー成形解析機能や設計ワークフローを効率化するカスタマイズ機能が利用可能です。

ターボ機械の解析速度を100倍向上

より優れた性能を実現するためには、タービンブレードを最適化する必要があります。従来、一つ一つのブレードの流れを解析するには多大な費用と工数を要しました。ANSYS 18.0では、周波数領域でこの課題を解決するためにハーモニックCFD解析(HA)を導入しました。これにより、ハードウェアの要件を大幅に下げながら、解析速度を最大100倍加速させることに成功しました。1列につき1ブレードを計算し、ホイール全体の結果を得ることが可能です。


タービンブレードのハーモニックCFD解析

オーバーセットメッシュにより可動部品の解析速度を向上

オーバーセットメッシュにより、リメッシングやスムージングを行わずに構造メッシュを含む解析の単純化および加速化が可能です。ロケットブースターにおける分離の事例では、オーバーセットメッシュはリメッシングを用いた場合と比較して70%少ないセル数を実現しました。オーバーセットメッシュを用いてメッシュの劣化を避け、衝撃波の詳細を捉えることができました。


ロケットブースターの分離

電磁界解析

ANSYS 18.0ではアンテナや高速電子機器、電気機械の設計およびシミュレーションのワークフローの自動化を推進する機能が強化されました。

周波数帯域全体を考慮するブロードバンド・アダプティブメッシュ

新しいブロードバンド・アダプティブメッシュ ソリューションは、「ANSYS HFSS」の機能を完全に自動化し、デバイスの周波数スペクトラム全体をとおしてメッシュを効率的かつ迅速に設定します。周波数の下限と上限を決定するだけで、周波数帯域全体を考慮して最適なメッシュを自動で設定します。


ブロードバンド・アダプティブメッシによるキャビティ・デュプレクサのメッシュ

プリポスト機能

ANSYS Viewerによるシミュレーション結果の共有

新たに提供されるビューワーツール「ANSYS Viewer」は、ANSYS 18.0からエクスポートできるシミュレーション結果ファイルを表示、操作、コメントすることができます。これにより、外出先などANSYSソフトウェアにアクセスできない状況でもすばやく簡単にシミュレーション結果を共有しコラボレーションすることができます。


ANSYS Viewer(画面右)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ