アセンブリ接触

リアルなアセンブリ解析と自動接触定義

3次元CADで作成したアセンブリデータをそのまま解析に反映できます。部品間の接触定義は自動的に行われますので、部品点数が多くなっても心配はありません。接触要素は、完全固着を意味する「ボンド結合」、歯車モデルなどに適用できる「微小スライドを考慮した接触」に加えて、非線形接触である「分離を考慮する接触」も定義可能です。

面−面接触要素

荷重条件や拘束条件などの解析環境は、モデルの面、辺、点などをマウスで選択し数値や向きを決めれば簡単に定義できます。また、解析設定条件は、解析モデルに表示されるため、解析条件の確認が簡単に行なえます。

詳細リンク

メッシング
解析機能
アセンブリ接触
結果評価&自動レポート作成
上位プロダクトへの拡張性

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ