[ANSYS Workbenchの機能拡張のための開発ツールキット]ANSYS Customization Suite

ANSYS Customization SuiteはANSYS Workbenchに独自機能を実装する為のカスタマイズ専用の製品です。これはACT (Application Customization Toolkit)による開発機能およびANSYS Framework SDKを含みます。

ACT (Application Customization Toolkit)

ANSYS Workbenchの機能拡張を行うための開発ツールキット、および実行環境です。作成されたカスタマイズプログラムは“Extension(拡張)”と呼ばれるバイナリ形式(*.wbex)で配布でき、利用者はアドインインストールの要領で必要なものを個別に、安全にANSYS Workbenchに追加可能です。主な機能は次の通りです。

独自の境界条件を作成

APDLコマンドで行っていたソルバーへの設定を独自の境界条件として追加実装します。ツールバー上のボタン、詳細ビューへの各種設定を定義することで解析を簡単に行うことが可能です。


独自の境界条件を実装した例

独自の結果項目を作成

Excelなどで二次処理した結果データや独自の解析結果をMechanicalの結果項目として追加実装します。またグラフィック上への描画機能を実装することが可能です。


独自の結果処理機能の実装とグラフィック描画例

3rd Party ソルバーの統合

自社で作成したソルバーをANSYS Mechanicalのソルバーとして組み込むことが可能です。材料データ、メッシング、ポスト処理、グラフィック操作はMechanical 画面のインターフェースをそのまま利用でき、ソルバーを実装する事が可能です。


音響解析ソフトウェア WAONを実装した例

作業効率化を目的とした自動化機能

ACT に用意されたAutomation APIは通常のGUI操作をスクリプト実行することが可能です。コードを実行する環境であるACT Consoleと解析を手順化するためのACT Wizardを活用することで解析操作を自動化・省力化します。


R17.1でカスタマイズ可能なアプリケーション
Workbench、Mechanical、DesignModeler、DesignXplorer、SpaceClaim、Electronics Desktop、Fluent(ベータ)、AIM

ACTを用いて作成した様々な追加機能はこちら
サイバネット製ANSYS追加機能群 CYBERNET Add-ons for ANSYS

ANSYS Framework SDK

ANSYS Framework SDKは、3rd Party製のツールおよび独自のアプリケーションをWorkbench環境に組み込む為のAPIを提供します。主にC#を用いてシステムやデータの受け渡しを定義することで、ANSYS Workbench上の一つのシステムとして実装され、ANSYSの他の機能群と連携した解析を実現する事が可能です。

※ANSYS Customization Suiteは、ANSYS Mechanical Enterprise製品に含まれます。


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ