解析事例 高速で効率よく解く連成解析 サイバネットシステム株式会社 三宅 智夫

高速で効率よく解く連成解析

ANSYSものづくりフォーラム 2016 in 東京 講演資料|公開日:2016年7月

プログラム概要

製品開発において高機能化に伴う製品の複雑化が加速化する中、シミュレーションの重要性は高まり複雑かつ複合的な物理現象を捉える解析技術が期待されています。ANSYSは連成解析機能が充実し様々な連成問題を解くことができます。しかし、過渡現象のシミュレーションは膨大な解析時間が必要になるため、モデル規模削減や連成手法が重要になります。
本セッションでは電磁リレーやMEMSセンサーを例に挙げ、高速で効率よく解く連成解析アプローチをご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. 現場の声
    • 新製品開発における課題と対策
    • シミュレーションソフトの選定基準
  2. 過渡連成解析シミュレーション
    • 連成手法
    • 解析精度とコストのバランス
  3. 高速で効率的な連成解析
    • 連成アプローチ
    • 連成場縮退要素

資料サンプル

連成解析シミュレーション 連成解析シミュレーション
連成解析アプローチ 連成解析アプローチ
流体−構造連成 流体−構造連成
流体軸受 流体軸受

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ