解析事例 実験とCAEを活用した音響解析の精度向上(CAE編) サイバネットシステム株式会社

実験とCAEを活用した音響解析の精度向上(CAE編)

ANSYSものづくりフォーラム 2015 in 大阪・名古屋・東京 講演資料|公開日:2015年7月

プログラム概要

CAEを設計に活用するためには、モデル化すべき物理現象を見定め、ふさわしい手法やツールを選ぶことが重要です。実験により得られた情報を使って、適切な手法で現象をモデル化できれば、解析精度のさらなる向上が見込めます。 サイバネットはANSYSや音響解析ツールWAONを用いた、FEM・BEMによる音響計算テクノロジーを基幹として、様々な音響現象のモデル化機能をご提供しています。本セッションでは、そうした機能をご紹介するとともに、実験により求めたデータを使って、CAEモデルを作成する例をご紹介いたします。

資料サンプル

解析手法による分類 解析手法による分類
FEMとBEMの比較 FEMとBEMの比較
過渡応答解析と周波数応答解析 過渡応答解析と周波数応答解析
構造−音響連成解析と非連成解析 構造−音響連成解析と非連成解析

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ