解析講座 溶接の数値シミュレーション入門 〜相変態を考慮した応力変形解析〜

ものづくりの素材として鉄鋼は古くからいろいろな分野で多く使用されています。鉄鋼材料は他の材料に比べて良好な溶接性を持っているので、鉄鋼製品の製作過程において溶接が盛んに活用され、現在、ものづくりの要素技術として溶接は欠くことのできないものとなっています。近年、溶接において溶接後の寸法精度確保が重要となっています。溶接変形問題を検討する手段として有限要素法解析ソフトが利用されていますが、最近、より高い解析精度が要求されてきています。 特に、鉄鋼材料に関する高精度の溶接変形解析には相変態の考慮が必須になります。

ここでは「一般の汎用有限要素解析ソフトを使用した溶接時の応力変形解析において、どのように相変態を考慮するかについて解説します。

JFEテクノリサーチ株式会社 吉原直武 様、サイバネットシステム株式会社 喜多雅子

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS Mechanical体験セミナー(旧称:はじめてのANSYS体験セミナー)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ