構造解析風力タービンブレードの応力解析と振動解析

  • 風力タービンブレードの応力・振動解析を実施したい
  • ブレードの複合材の影響をきちんと考慮したい
  • 複合材のモデリングに時間がかかっている

風力タービンブレードの形状をCADでモデル化し、通常の構造要素でメッシングして有限要素法解析を実施すること自体は、それほど困難ではありません。

しかしながら、実際のブレードは、複合材が組み合わされた複雑な構造となっており、より精度の良い結果を得るためには、この複合材構造を解析モデルに含める必要があります。

本事例では、複合材専用のプリポストを使用することにより、従来では非常に時間がかかっていた複合材のモデリングの工数を、大幅に削減することに成功しました。

解析結果として、応力評価や振動特性評価の他に、HashinやPuckといった損傷パラメータによる損傷評価も行うことが可能です。

解析モデル

ブレードモデル

境界条件(ブレードの翼面に圧力荷重)

積層の断面表示

複合材の主軸方向のベクトル表示

解析結果

静的構造解析による主応力コンター図

モーダル解析によるモード形状図

解析種類

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ