構造解析圧延加工解析

  • 圧延加工解析をされたい方

2次元一般化平面ひずみ要素を用いた圧延加工解析です。
平面ひずみ要素は無限の奥行きを仮定するのに対し、一般化平面ひずみは有限の奥行きを仮定するため、このような板の解析に適しています。
ロールは剛体とし、リモート変位を用いて押しつけと回転を表現しています。

解析モデル

サンプル

解析結果



図.塑性ひずみ

図.変形量

解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ