スーパーマーケットのPOSデータによる顧客分析の事例

スーパーマーケットのPOSデータによる顧客分析の事例

多くのスーパーマーケットではPOSを導入していますが、POSデータを有効に使えているのは一部の大手スーパーマーケットで、地方のスーパーマーケットでは取得したデータを分析するための専門家が不在で、ノウハウが少ないため、POSデータを大手のように有効活用できていないのが現状です。

東北の中堅スーパーでは、BIGDAT@Viewerを利用し、高度な分析知識を持たない担当者がPOSデータを活用した顧客分析を行いました。特定の期間でのスーパーマーケットのPOSデータを投入しマップ上に購買行動が近い顧客は近くに、異なる顧客は遠くにプロットされる事で、購買行動の類似性によりMAP上に大小の集団(クラスタ)が生まれました。

毎日買い物に来るメインの顧客層など、既知の顧客層が見える事は勿論ですが、大集団に隠れて今まで気づかなかった中小の集団にも気付きました。

このスーパーマーケットでは、季節商品やキャンペーンの特定商材を売りたいなど、さまざまな戦略が存在します。BIGDAT@Viewerで購買行動別に作成したMAPから対象顧客を絞り込む事ができ、顧客層を意識した、より細かなターゲットマーケティングの立案が可能となりました。

今後は、過去のMAP上に新たなデータをプロットする事で、マーケティングが意図した方向に顧客に対してアピールできたかどうかという施策の効果検証においても使用する予定です。