可視化メソッド 色の指定に使う値の、有効範囲値は?

対処方法

RGB各成分それぞれ 「0.0〜1.0」(float 型)の間で指定します。各色は 256 階調なので、0.004程度 (= 1 / 256 ) までが有効差異となります。


MicroAVSお問い合わせ窓口
MicroAVS評価版ダウンロード
AVS/Express English Website