〜定量的なフリッカ(ちらつき)測定で高品質を目指す〜 ディスプレイの応答性、フリッカ測定ソリューション

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

課題


Q. ディスプレイの応答性測定を行っているけど、今の測定手順は時間がかかって、手間もかかる。フリッカも測定したいし、自動測定や自動調整も行いたい。。。

解決

A. 応答性を測定できる計器はありますが、未だにその評価は手作業によることが一般的で、評価に要する時間が膨大です。
また近年では、省エネ化、動画特性の改善、LEDバックライトの普及によりフリッカ、応答性を測定するニーズが増加しております。
応答特性およびフリッカを効果的に測定できるシステムについて紹介いたします。

使用ツール
3Dディスプレイ用クロストークモニター DXM43D 単眼タイプ

 

 


お問い合わせ