〜実験室で行ったテーマを実際に解析し、さらにはその応用を演習を通じて学ぶ〜 FEM実験室静解析編フォローアップセミナー

FEM実験室では実験を実際に行うことによって「シミュレーションとはそもそも何か」を体感しながら理解して頂き、フォローアップではFEM実験室で行った実験をCAE演習を行うことによって数値解析サイドから見直しつつ、さらに実務への応用を学びます。

講師 サイバネット技術担当
対象 FEM実験室静解析編受講者
受講形態 CAE演習+理論
受講料 43,200円(税込)

※お支払い方法は、セミナー受講料のお支払いについてをご確認ください。

時間 10:00〜17:00
会場 東京開催:  弊社 東京本社
定員 東京会場 10名

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

※参加お申し込みの受付は終了しました。

概要・主旨
タイムテーブル・目次

概要と主旨

・FEM実験室は2010年開始以来、定期講座・オンサイト研修などで80回以上開催の人気セミナーです。
・CAE活用において実験とシミュレーションのコリレーションは大変重要ではあります。FEM実験室では実験を実際に行うことによって体感し「シミュレーションが何か」を学びます。そのため、CAE活用の初めの第一歩としておすすめしている講座です。
※必ずしも初級者のみならずベテランの方も多く参加されています。
・さらにオンサイト研修実施企業様のご要望を受けて、より実験内容をCAE側から見ていきながら、解析の理解を深めるセミナーを立ち上げました。「シミュレーションとは何かを理解した後にシミュレーションを実務にどう使うか」を学ぶ実践的な内容となっています。

セミナーテキストサンプル1

プログラム

●ANSYS WorkBenchを使ったシミュレーション
- 基本操作の確認(4点曲げのSim.)
●Mesh Verificationの演習
- メッシュサイズを変更して,結果が収束することを見せる
●パラメータ・スタディの演習
- 「バラツキ」を考慮したシミュレーション
- 寸法などのパラメータを変更してSim.の結果に幅を持たせる
●非線形解析の演習
- 境界条件の変更が結果に与える影響(両側完全固定のSim.)
- 線形→非線形ではなく,「線形解析の適用範囲」を決定するためのSim.
●概念設計のためのシミュレーション演習
- 設計の方向性を検討するためのSim.
- アセンブリや詳細形状に対して「何を,どこまでモデル化するか?」
  • 各講演時間・順序が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
  • 当講義ではツールとしてANSYSを利用しますがANSYSの利用経験がない方でも問題なくご受講いただけます。

関連ページ

逆解析による実験と解析結の合わせ込み
FEM(有限要素法)分野講座
実験室シリーズ講座
CAEコラム:CAE ユニバーシティ トピックセミナー「FEM実験室」