はじめての疲労解析体験セミナー〜ANSYS による疲労解析の実践を体験実習にて学ぶ〜

小型化、軽量化、環境対策などの市場要求から新材料の採用が進む一方で、製品開発においての疲労強度評価の要求も高まりつつあります。多大な時間を費やして疲労試験を実施し、結果を評価されている方も多いのではないでしょうか。
疲労解析を疲労試験と組み合わせることにより、理論的な背景をもとに試験結果を予測し評価できることから、効率的かつ効果的な試験へのアプローチが可能です。

本セミナーでは、疲労解析ツールの導入を検討されている方を対象に、疲労解析の概要からANSYS nCode DesignLifeの最新バージョンの機能概要と利用方法についてデモンストレーションを交えてご説明します。
また実習セッションでは、疲労解析の前の基本構造解析をANSYSの統合操作環境ANSYS Workbenchにて実施し、その結果を使用した疲労評価をANSYS nCode DesignLifeを操作体験いただきます。

尚、疲労解析初心者の方だけでなく、疲労解析でお悩みの方にとってもお勧めできる内容です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日程・お申し込み

参加ご希望の日程をクリックしてください。申し込みフォームが表示されます。

開催概要

開催場所 東京会場 大阪会場 名古屋会場
開催場所 弊社 東京本社
セミナールーム 地図
弊社 西日本支社
セミナールーム 地図
弊社 中部支社
セミナールーム 地図
日時 13:30〜17:00
(受付時間:東京 13:00/大阪・名古屋 13:20)
定員 10名 10名 10名
対象 ・製品開発において疲労強度評価を担当されている方
・製品の疲労強度問題に課題をお持ちの方

※本セミナは新規で導入検討されているお客様を対象とした紹介・体験セミナです。
既にご利用頂いているお客様は技術トレーニングを受講ください。セミナ体系図
※体験実習用PCの数に限りがございます。参加希望者が多数の場合には、同一機関から複数名参加のお客様は1台のPCにて体験実習をお願いすることもございますので、予めご了承下さい。
受講料 無料(事前登録制)

タイムテーブル

時間 内容
13:30-14:10 ANSYS製品および疲労概要のご紹介
 ・ ANSYS製品のご紹介
 ・ 疲労および疲労解析概要のご紹介
14:20-15:30 ANSYS nCode DesignLife等のご紹介
 ・ ANSYS nCode DesignLifeのご紹介
 ・ 材料データベースCybernet Key to Metalsのご紹介
 ・ ANSYS nCode DesignLifeデモンストレーション
15:40-16:45 体験実習
  ・ 時系列データを使用したひずみ寿命疲労
  ・ PSDを使用した振動疲労
16:45-17:00 質疑応答
  • 体験実習用PCの数に限りがございます。参加希望者が多数の場合には、同部署から複数名参加のお客様は1台のPCにて体験実習をお願いすることもございますので、予めご了承下さい。
  • 上記の内容は若干変更される可能性があります。
  • 同業他社の方はお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ