ANSYS Conference 2010 発表事例論文 ANSYSユーザーサブルーチンの機能と利用方法の紹介〜カスタマイズドCAEの実践〜

発表団体名

サイバネットシステム株式会社

発表事例論文要約

ユーザーサブルーチンを用いて、ANSYSに標準実装されていない独自の材料モデルや要素定式化等を組み込むことができれば、汎用CAEツールとしての解析利用の幅を飛躍的に広げることができます。一方でユーザーサブルーチンの適用可能性を判断し、実際に活用するためには、機能や基礎理論を理解することに加え、サブルーチンとANSYS間で授受できる物理情報に関する詳細や、両者のインターフェースのとり方などを知ることも必要不可欠です。そこで本講演ではユーザーサブルーチンが持つ全般的な機能と、その具体的な利用方法について紹介いたします。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ