ANSYS Conference 2010 発表事例論文 Simplorerプロダクトレポート〜マルチドメインシミュレータによる電源シミュレーションの新時代〜

発表団体名

アンシス・ジャパン株式会社

発表事例論文要約

Simplorerはパワエレ用の電気回路・システムシミュレーションツールとして1992年より欧州を中心に発展し、世界中で多くのユーザにご利用いただいているマルチドメインシミュレータです。Simplorer独自のデバイスモデルによりシステムレベルのモータ駆動制御から詳細なスイッチング損失の計上と放熱、サージ波形と伝導ノイズ問題まで、シミュレーションに必要とされる詳細度に応じてモデルを使い分けることにより広範囲な問題に対応することができます。また、VHDL-AMSモデル記述言語をサポートすることで複合領域に跨る物理現象を記述し、より広範囲なシステムシミュレーションと結合した応用等を実現します。本セッションでは熱流体解析や構造解析との連携など新たな機能を踏まえ、Simplorer の概要と適用事例についてご紹介いたします。

発表イベント

ANSYS Conference 2010

解析種類


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ