[ANSYSと連携可能な高圧縮3次元可視化ツール]VCollab

様々なCAD/CAM/CAEのアプリケーションデータを独自のフォーマットに高圧縮変化することで、肥大化する結果ファイルを縮小して保管・管理することができます。異なるアプリケーションの結果を同一操作環境で扱うことが出来るため、スムーズな情報共有が実現します。

主な機能

主な結果評価機能

  • メッシュ表示および比較
  • 各種結果項目の表示
  • 任意ポイントの結果表示及びグラフ化
  • アニメーション
  • 複数モデルの比較(要Vcollab Professional)
  • 最大値の検索、最大値発生箇所の確認(Hotspot機能)

プレゼンテーションサポート機能

表示画面を登録することでダイナミックなプレゼンテーションが可能です。作成したファイルはパワーポイントに貼り付けられます。

対応アプリケーション

・ANSYS Mechanical
・ANSYS CFX
・ANSYS Fluent
・ABAQUS
・CGNS
・EnSight
・ESI PAM-CRASH
・fe-safe
・LS-DYNA
・Marc
・Nastran
・nCode
・PTC/Mechanica
・SDRC
・StarCCM+
・Stereolithography

ANSYS製品との連携

ANSYS Workbenchとの連携

プロジェクト画面のボタンをクリックするだけでフォーマット変換します。結果ファイルを削除しても、結果の3次元可視化が可能です。

ANSYS EKMとの連携

ANSYS EKMで保存するだけで自動的にVcollabのファイルを作成します。各種CAEツールの解析結果ファイルの3次元可視化が実現します。

製品構成

導入のメリット

  1. 高圧縮ファイルによるディスク容量の削減・ファイル転送時間の削減
    • Webや電子メールで結果や問題の共有化が可能
    • ハードウェアのコスト削減
  2. アプリケーションの結果ファイルを同一操作で扱うことが可能
    • アプリケーションの操作習得の時間短縮
    • CAEの操作がわからなくても解析結果を簡単に確認可能
  3. インタラクティブなビューワー操作でムービーファイルや静止画像では見えなかった形状や結果を確認可能
    • 設計やエンジニアリングにおける意思決定を支援
    • スムーズな情報共有を実現
  4. 3Dのインタラクティブで効果的なプレゼンテーションが可能

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ