ひずみ速度依存性材料に対する非連成マルチスケール解析システムの開発

  • 発表時期:2012年5月
  • 学会/論文誌名:第17回 計算工学講演会の発表論文

内容

クリープ特性の異方性を表現できる材料モデルは、弾塑性ほどに数多くはありません。
その中でもANSYSでは、異方性弾塑性のHill構成則をクリープ特性に拡張した材料モデルが標準機能として実装されております。
しかしながら、材料試験結果から材料定数を同定するためのカーブフィット機能は実装されておらず、また本材料構成則の理論的な背景も詳細に説明されている文献が少ないため、多くのユーザー様に簡易にご利用いただけるようなレベルに達しているとは言いがたい現状がありました。

我々は、ユーザーサブルーチンによる最適化アルゴリズムのカスタマイズを行うことでHill異方性クリープの材料物性値を同定する機能を開発いたしました。本論文では、その理論的な背景および機能の概要について紹介しております。

資料請求

本論文の詳細をご希望の方は、下記よりご請求ください。

論文資料お申し込み

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ