CAE用語辞典座屈 (ざくつ) 【 英訳: buckling 】

座屈とは、構造物に荷重を徐々に負荷したときに、ある荷重で急に変形が大きなたわみを生じる現象のことです。

特に細長い形状や薄い板形状では、圧縮強さ以下の荷重であっても、大きく変形し破壊に至ります。

CAEでの座屈の解析には、大きく分けて線形座屈解析と非線形座屈解析の2種類があります。

線形座屈解析は固有値座屈解析とも呼ばれ、固有値問題として計算します。この手法では、理想化された弾性構造物の理論座屈荷重を予測します。しかし、実際の構造物では初期不整と非線形性によって、座屈荷重は理論的な値よりも小さくなります。そのため、一般的に危険側の結果が得られます。

座屈挙動をさらに正確に予測するには、非線形座屈解析(大変形効果を含めた静的構造解析)を用います。この解析では、荷重を徐々に大きくして、構造が不安定になる荷重レベルを調べます。初期不整、大変形挙動などを考慮できます。また、構造物の座屈後の挙動を追跡することもできます。
ただし、非線形座屈解析は不安定な挙動を計算するため、安定化させるための様々なテクニックが要求され、解析時間も長くなります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは線形座屈解析、非線形座屈解析ともに対応しています。

関連用語

線形座屈解析、 非線形座屈解析


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ