CAE用語辞典 有効質量 (ゆうこうしつりょう) 【 英訳: effective mass 】

有効質量とは、総質量中の当該励振方向からの力で励起された、当該振動モードに影響した有効質量成分を表したものです。
モード重ね合わせ法やスペクトル解析のための抽出モード数の妥当性検討に利用できます。

有効質量が大きな振動モードは、元の系の大きな振動に寄与していると考えられます。

以下はANSYSにおける出力例です。(Y方向の結果を表示しています)
この例では1次モードの有効質量が大きいため、1次モードはY方向に大きく振れるモードであると推察されます。

有効質量比は、有効質量のモデル全質量に対する比です。有効質量比の合計が1.0に近ければ、採用したモード次数で主要な振動モードが概ねカバーされていることがわかります。

i番目のモードに対する有効質量Meiは、以下のように求められます。

固有ベクトルを質量マトリクスで正規化している場合は、以下のようになります。

一般的に使用される単位

  • SI単位ではkg(キログラム)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは有効質量はソルバーアウトプットに記載されます。

関連用語

モーダル解析刺激係数


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ