CAE用語辞典 有限差分法 (ゆうげんさぶんほう) 【 英訳: finite difference method / 略してFDMと呼ばれることがあります 】

有限差分法とは、解析対象領域を格子に分割し、微分方程式を有限差分近似で計算する手法です。基本的に格子点上の値が求まります。
(詳しくは専門書をご覧ください)

土石流などの解析で用いられます。

関連用語

有限要素法、 有限体積法、 境界要素法


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ