CAE用語辞典対数減衰率 (たいすうげんすいりつ) 【 英訳: logarithmic decrement 】

対数減衰率とは、各モードの自由減衰振動波形を記録し、波数n個分をまたぐ振幅比の自然対数をとって求められる減衰比です。
(記号δが用いられることが多いです)

対数減衰率と他の減衰の定義には以下の関係があります。

一般的に使用される単位

  • 無次元量のため単位はありません。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSでは通常、臨界減衰比ξで入力します。(粘弾性材料などは損失係数で入力することがあります)

関連用語

モード減衰比レイリー減衰α減衰β減衰一定減衰減衰構造減衰損失係数粘性減衰摩擦減衰臨界減衰比


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ