CAE用語辞典多直線近似塑性 (たちょくせんきんじそせい) 【 英訳: multilinear plasticity 】

多直線近似塑性とは、塑性領域の剛性を多直線で近似する方法です。降伏点以降のひずみ−応力ポイントを入力して定義します。このときに使用するひずみの種類は、全ひずみではなく塑性ひずみを使用するCAEソフトが多いため注意が必要です。

計算中に定義したひずみの上限を超えるようなひずみが生じた場合の取扱いはCAEソフトにより異なります。上限以降の剛性をゼロとして取り扱われる場合には、ひずみが増えすぎて計算がエラーになることがあります。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは多直線近似による等方硬化則および移動硬化則の塑性材料定義に対応しています。
  • ANSYSでは塑性領域は、塑性ひずみと応力によって定義します。また、上限以降の剛性はゼロとして取り扱われます。

関連用語

二直線近似塑性塑性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ