CAE用語辞典スイープメッシュ (すいーぷめっしゅ) 【 英訳: sweep mesh 】

スイープメッシュとは、ソリッドのある面のメッシュをスイープして(引き伸ばして)メッシュを生成する手法です。モデル形状に制約があり、断面をスイープして作成できる形状でなければなりません。

スイープメッシュはフリーメッシュを補完する役割があります。一般にフリーメッシュでは四面体要素しか利用できませんが、スイープメッシュでは六面体要素とプリズム要素からなるメッシュを生成できます。スイープメッシュによって作成される節点と要素の数は、通常、フリーメッシュと比較して大幅に減少します。また、メッシュの生成時間も大幅に短縮されます。

スイープメッシュの例を以下に示します。
赤い矢印は面のメッシュがスイープされる方向を示しています。
スイープされる面と対面は平行に向かい合う必要はなく、回転方向にスイープすることもできます。スイープ方向にテーパがついていても問題ありません。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSはスイープメッシュのほか、様々なメッシュ作成手法に対応しています。

関連用語

メッシュフリーメッシュマルチゾーンメッシュレイヤーメッシュアドバンシングフロントデローネ八分木


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ