CAE用語辞典 刺激係数 (しげきけいすう) 【 英訳: participation factor 】

刺激係数とは、特定方向からの励振力に対する振れやすさを示す量です。

刺激係数の絶対値が大きな振動モードは、元の系の大きな振動に寄与していると考えられます。

以下はANSYSにおける出力例です。(Y方向の結果を表示しています)
この例では1次モードの刺激係数が大きいため、1次モードはY方向に大きく振れるモードであると推察されます。

刺激係数比は、最大刺激係数に対する比です。

i番目のモードに対する刺激係数γiは、以下のように求められます。

ANSYSにおける取扱い

ANSYSでは有効質量はソルバーアウトプットに記載されます。

関連用語

モーダル解析有効質量


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ