CAE用語辞典 せん断応力 (せんだんおうりょく) 【 英訳: shear stress 】

せん断応力は、下記のような棒において、断面をずらすような荷重Fを断面積Aで除して求められる応力という説明がなされることが多いです。

しかし、これは単純化された表現であり、より詳しく説明すると以下のようになります。

まず物体中に任意の直行座標を定義し、その座標軸を法線方向とする微小な立方体領域を仮定します。この微小立方体において、座標系Y方向を法線方向とする面の接線方向応力はτyxおよびτyzです。

ここで、添え字の1番目は作用面の法線方向を、2番目は応力の作用方向を表します。

この応力により、面内で下図のように変形すると考えるとわかりやすいです。

同様にして、他の面についても考えると、面の接線方向に働く応力は合計6成分(σxyxzyxyzzxzy)存在することになります。

さらに、XY面内のモーメントの釣り合いにより、面の接線方向の応力は、τxy=τyxとなります。
同様にτyz=τzy、τxz=τzxであるため、面の接線方向に働く独立な応力成分は全部で3つになります。

ここまでに得られた応力を、添え字に注意してマトリクスの形でまとめます。
行に応力の作用面、列に応力の作用方向をまとめています。
このようにマトリクスでまとめた応力を「応力テンソル」と呼びます。

この応力テンソルのうち、作用面と作用方向が一致する対角3成分が「垂直応力」、残りの成分が「せん断応力」です。

応力テンソルは、最初に定義した座標系を変更すると成分の値が変化します。
つまり、垂直応力・せん断応力は座標系依存であり、CAEで垂直応力やせん断応力を評価する際には、どの座標系を基準に表示するかを決める必要があります。

一般的に使用される単位

  • SI単位では Pa(パスカル)
  • 長さをミリメートルとした場合 MPa(メガパスカル)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSではXY方向のせん断応力をSXYと略して表記することがあります。同様にYZ方向はSYZ、XZ方向はSXZとなります。

関連用語

垂直応力主応力ミーゼス応力せん断ひずみ


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ