CAE用語辞典 熱容量 (ねつようりょう) 【 英訳: heat capacity 】

熱容量とは、物体の温度を1K上げるのに必要な熱量のことです。
熱容量は、物質の比熱と密接に関係しており、比熱は単位質量あたりの熱容量です。

CAEでは熱容量を直接定義するのではなく、材料の比熱と密度を定義して熱容量を考慮するのが一般的です。(密度と要素体積から質量が算出される)

一般的に使用される単位

  • SI単位系ではJ/K(ジュール毎ケルビン)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSの過渡伝熱解析では、熱容量効果が考慮されます。

関連用語

比熱密度


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ