CAE用語辞典高次要素 (こうじようそ) 【 英訳: higher order element 】

高次要素とは、中間節点(要素辺の中間にある節点)を持つ要素のことです。
2次要素とも呼ばれます。

高次要素は中間節点をジオメトリ形状に沿わせることで、曲面の表現がしやすいのが特長です。また、同じ要素数であれば低次要素よりも一般に精度の高い結果が得られます。構造解析では高次要素が主に用いられています。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは高次要素の作成に対応しています。

関連用語

低次要素


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ