CAE用語辞典降伏応力 (こうふくおうりょく) 【 英訳: yield stress 】

降伏応力とは、材料の塑性が開始する応力のことです。これ以上の応力が発生すると、除荷しても元の形状に戻らず永久ひずみが残ります。
降伏点とも呼ばれます。

多くの鋼材では、応力-ひずみ曲線は降伏応力までは直線となる線形弾性体です。
明確な降伏応力が存在しない材料では、除荷時に0.2%の永久ひずみが残る点を0.2%耐力と呼び、降伏応力の代わりに使用することが多くあります。

一般的に使用される単位

  • SI単位系ではPa(パスカル)
  • 長さの単位をミリメートルとしたときはMPa(メガパスカル)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSで二直線近似の塑性材料を定義するときは、降伏応力と接線係数を定義します。
  • 多直線近似の塑性材料を定義するときは、一般に塑性ひずみvs応力値で入力します。この場合、最初のポイントに降伏応力とゼロの塑性ひずみを定義します。

関連用語

塑性多直線近似塑性弾塑性二直線近似塑性


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ