CAE用語辞典界面捕獲法 (かいめんほかくほう) 【 英訳: Interface Capturing Method 】

気体と液体の混相流解析のうち自由表面流れの解析手法には、大きく分けて界面捕獲法(図1)と界面追跡法(図2)があります。

このうち、界面捕獲法は気液界面の移動を界面関数で定義し、固定したメッシュで界面の位置を捕捉する方法です。

界面捕獲法の代表的な手法としてはVOF法やLevel Set法などがあります。

界面捕獲法は固定メッシュを使用するため、界面追跡法と比較して解析精度は劣ります。しかし、界面が大きく動いても界面付近でメッシュのひずみが発生しないため、計算を安定して解くことができます。

ANSYSでは、自由表面流れの解析手法として、より安定的に計算することができる界面捕獲法のVOF法を使用します。

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYS FluentおよびANSYS CFXでは、自由表面流れの解析手法としてVOF法を使用します。

関連用語

界面追跡法VOF法


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ