CAE用語辞典 フーリエの法則 (ふーりえのほうそく) 【 英訳: Fourier’s law 】

フーリエの法則とは、物体中に温度勾配が存在するときに、現象が時間的に十分緩和した状態(定常状態)において、物体中を流れる熱流束が温度勾配に比例する法則です。
このときの比例係数が熱伝導率です。
1次元のフーリエの法則は以下のようになります。

右辺の負号は温度勾配と熱流の方向が反対であることを示します。
物体内の温度勾配が負であるとき、正の方向に熱が流れます。(熱は高温から低温へ流れるため)

3次元のフーリエの法則は以下のようになります。

関連用語

熱伝導率熱流束


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ