CAE用語辞典 CAE (しーえいいー) 【 英訳: Computer Aided Engineering 】

CAEとは、Computer Aided Engineeringの略称で「ものづくり」における研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術のことです。
試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献します。

三次元の構造解析や流体解析が代表的なCAEの例として知られていますが、回路や光学などのシミュレーションもCAEの一種であり、CAEは非常に幅広い意味を持つ用語といえます。

CAEの一例(ラバーブーツの非線形構造解析)
CAEの一例(ラバーブーツの非線形構造解析

CAEの一例(流体解析:ボトルへの水の充満)
CAEの一例(流体解析:ボトルへの水の充満)

ANSYSにおける取扱い

  • ANSYSは代表的なCAEソフトです。構造・流体をはじめ、様々な現象の解析に対応しています。

関連用語

CAD有限要素法CFD


CAE用語辞典の転載・複製・引用・リンクなどについては、「著作権についてのお願い」をご確認ください。

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ