構造解析ラバーブーツの非線形構造解析

  • ゴム(超弾性材料)を使った解析を行いたい。
  • 大きく変形し、接触を伴う解析を行いたい。

シャフトは剛体としてモデル化することで計算コストの低減を図っています。また、シャフトとラバーブーツ間の接触、およびラバーブーツの自己接触を考慮しています。
ラバーブーツが大きく変形すると共に、一部(左下部分)が自己接触している様子が観察出来ます。
非線形構造解析には「材料非線形」「幾何学的非線形」「要素非線形」の3つの非線形性があります。下記の事例ではこの3つの非線形性をすべて含んでいます。

解析事例

解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ