製品紹介 SpaceClaimで解析モデル準備の労力を軽減 流体解析を例としたSpaceClaimの活用方法
サイバネットシステム株式会社

SpaceClaimで解析モデル準備の労力を軽減

ANSYSものづくりフォーラム 2014 in 東京 講演資料|公開日:2014年10月

プログラム概要

解析用モデルの作成や修正でお困りではありませんか?3次元CADの操作が複雑、履歴が邪魔をして形状変更が難しい、といった理由で簡略化などの解析用モデルの準備に労力を費やしているケースがしばしば見受けられます。本セッションでは、シンプルな操作で直感的にモデル作成・編集が可能な3次元ダイレクトモデラーSpaceClaim Engineerの活用方法を、流体解析における解析モデル準備を例としてご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. SpaceClaim紹介
    • SpaceClaim とは
    • SpaceClaimの特長
    • ANSYS連携のイメージ
  2. 流体解析におけるSpaceClaimの活用例
    • 流体解析におけるモデリングの課題
    • 課題とSpaceClaimの活用例
  3. 参考
    • データ修復・簡略化トレーニングのご案内

資料サンプル

SpaceClaimの特長 SpaceClaimの特長
SpaceClaimの特長 SpaceClaimの特長
流体解析におけるモデリングの課題 流体解析におけるモデリングの課題
課題とSpaceClaimの活用例 課題とSpaceClaimの活用例

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ