ANSYS Tips 〜 使いこなしのテクニック 〜

ANSYSをより使いこなしていただく為に、注目の機能や活用するためのテクニックをご紹介いたします。

カテゴリ別に絞り込み表示する(AND検索です)
       
     
         

0件中、0件表示しています。

解析環境の効率化

解析環境の効率化を考えた場合、"ハードウェアやライセンス、ソフトウェアの統合による集中管理"と"データの集約による有効活用"が鍵になるのではないかと思います。本記事では、既存の解析環境でできる効率化から、さらに一歩踏み込んでカスタマイズや別途ツールANSYS® EKM™※を利用した効率化まで幅広くご紹介いたします。
「解析環境の効率化」の詳細

はじめてのゴム材料解析

ゴム材料特有の解析テクニックや注意点をご紹介します。
「はじめてのゴム材料解析」の詳細

接触解析について

ANSYSでの接触解析についてご紹介いたします。
「接触解析について」の詳細

剥離解析について

剥離解析について事例をご紹介いたします。
「剥離解析について」の詳細

剛体-弾性体接触解析

剛体-弾性体接触解析についてご紹介いたします。
「剛体-弾性体接触解析」の詳細

ダイレクト連成要素の機能強化

ダイレクト連成は、使用する要素が1つで解析実行も1度で済む為、非常に使い勝手のよい要素です。ダイレクト連成要素の紹介から、機能強化の内容、解析例をご紹介いたします。
「ダイレクト連成要素の機能強化」の詳細

はんだの信頼性評価 〜クリープ解析編〜

はんだの信頼性評価について事例をご紹介いたします。
「はんだの信頼性評価 〜クリープ解析編〜」の詳細

疲労解析の重要性 〜 ANSYSの疲労解析ツールについて

本記事では、疲労評価の重要性を認識しながらも、疲労評価(疲労解析)を実施されたことがない方に対し、「事前準備として必要なデータは何か」から「疲労ツールではどのようなことまで評価できるのか」までをANSYSの疲労解析ツールの機能を交えてご紹介いたします。
「疲労解析の重要性」の詳細

疲労解析について

製品が破壊する原因には様々なものがありますが、その半数以上が疲労によるものだと言われています。そのため事前に製品の耐久性を知り、耐久性を満たす設計、対策を施すことが重要だと言えます。そこで今回は、疲労解析の概要と2009年秋にリリースされた疲労解析ツールANSYS nCode DesignLifeについてご紹介します。
「疲労解析について」の詳細

材料物性値の取得について 〜材料に関する取り組み〜

本稿では材料物性値の取得に関して、これまでの弊社の取り組みの一部をご紹介します。具体的には材料特 性の取得方法を以下の3つに分けて記載します。
「材料物性値の取得について」の詳細

モード信頼性評価基準(MAC)の紹介

ANSYSのモード信頼性評価基準についてご紹介いたします。
「モード信頼性評価基準(MAC)の紹介」の詳細

流れを考慮した電子機器の熱変形評価

Workbenchへの統合でより使いやすくなったANSYS Icepakについてご紹介いたします。
「流れを考慮した電子機器の熱変形評価」の詳細

ANSYS Workbench外部荷重転送機能

他ソフトから出力した荷重データ(X,Y,Z座標値および荷重値を記述したテキストデータ)をANSYSに読み込んで利用できる“外部荷重転送”機能について紹介します。
「ANSYS Workbench外部荷重転送機能」の詳細

ANSYS Workbench-Excelリンク機能のご紹介

Ver13.0よりWorkbench環境でExcelとの連携機能が新たに搭載されました。このリンク機能の出来ることと使用した簡易疲労事例についてご紹介いたします。
「ANSYS Workbench-Excelリンク機能のご紹介」の詳細

ANSYS Mechanical APDLとWorkbenchの併用
〜「いいところ取り」のテクニック〜

ANSYS Mechanical APDL(旧Classic)ユーザ様のためのWorkbench活用術についてご紹介いたします。
「ANSYS Mechanical APDLとWorkbenchの併用」の詳細

ANSYS Mechanicalに搭載されたGPU機能とベンチマーク結果

ANSYS Mechanicalに搭載されているGPUアクセラレータ機能(汎用FEMソルバーでは業界初)についてご紹介いたします。
「ANSYS Mechanicalに搭載されたGPU機能とベンチマーク結果」の詳細

ANSYS Mechanical HPCによる大規模計算

Windows HPC Server2008とRed Hat Enterprise Liux5.3によるベンチマーク比較についてご紹介いたします。
「ANSYS Mechanical HPCによる大規模計算」の詳細

スパースソルバーを効率良く使う方法

ANSYSで広く使用されているスパース直接法ソルバー(以降、スパースソルバーと略称します)を例にその制御方法をご紹介いたします。
「スパースソルバーを効率良く使う方法」の詳細

お悩み別に見るANSYSカスタマイズ実用事例

カスタマイズの活用術をご紹介いたします。
「お悩み別に見るANSYSカスタマイズ実用事例」の詳細

UIDLを用いたANSYS GUIのカスタマイズ

ANSYS環境のカスタマイズに関しての概要を紹介いたします。
「UIDLを用いたANSYS GUIのカスタマイズ」の詳細

CYBERNETツールボックス

CYBERNETツールボックスは、ANSYS Workbench環境をもっと使いやすく、さらに効果的に活用いただくための弊社開発ツールです。
「CYBERNETツールボックス」の詳細

ANSYS Meshingのメッシュ品質向上機能について

解析のコスト並びに品質に大きく関わってくるメッシング作業についてご紹介いたします。
「ANSYS Meshingのメッシュ品質向上機能について」の詳細

ANSYS Workbenchでの効果的な薄板モデル解析

ソリッドシェル要素の特徴や設定手順についてご紹介をいたします。
「ANSYS Workbenchでの効果的な薄板モデル解析」の詳細

一般軸対称要素の新機能と解析事例のご紹介

Ver12.0から新しい要素タイプとして一般軸対称要素が追加されました。一般軸対称要素に限らず軸対称モデリングをすると、モデリングと解析の時間を通常の3次元モデリングに比べ短縮することができます。この機能とこれを使用した事例をご紹介いたします。
「一般軸対称要素の新機能と解析事例のご紹介」の詳細

ANSYS Workbenchのリモート点機能のご紹介

Ver12.0からリモート点という機能が追加されました。その機能についてご紹介いたします。
「ANSYS Workbenchのリモート点機能のご紹介」の詳細

はじめての落下・衝突解析

LS-DYNAソルバーのプリプロセッサとしてWorkbench環境が利用可能になり、ANSYS LS-DYNA はこれまで以上に多くの方々にご活用いただけるプロダクトへと進化しました。
「はじめての落下・衝突解析」の詳細

複合材料の解析について

ANSYSで作成したモデルを利用し、簡単な操作で複合材料の各層の材料、積層数、繊維方向の設定が行なえる複合材料専用のプリポストプロセッサを紹介いたします。
「複合材料の解析について」の詳細

ANSYS Workbench Mechanicalの積層断面機能を使った複合材モデル解析

ANSYS Workbench Mechanicalでの積層シェル要素を使ったモデル化についてご紹介します。
「積層断面機能を使った複合材モデル解析」の詳細

ANSYS Workbenchで行う複合材のモデリング

ANSYS Composite PrepPost」を使用すると、これまでは実質的に不可能であったような複雑なモデルでの複合材の解析が、容易に行なえるようになります。
「ANSYS Workbenchで行う複合材のモデリング」の詳細

静止流体要素

静止流体要素は流体と構造の相互作用を考慮すべき問題に対して効果を発揮する要素です。静止流体要素を使用する場合、ANSYSの構造解析ツールのみで、流体と構造の相互作用を考慮した解析を行うことが可能となります。
「静止流体要素」の詳細


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ