マルチスケール解析金属組織内のミクロ応力分布(数値材料試験)

構造用鋼の組織に対する数値材料試験です。鋼はフェライトとセメンタイトのラメラー構造である層状パーライト組織を持ちますが、これを実際にモデル化し、X軸方向に単軸引張り試験を実行しています。

得られる結果は、マクロ的な見かけの応力-ひずみ特性と、ミクロ組織内の応力、ひずみ分布です。各層の材料特性が既知であれば、材料組織からマクロ的な材料特性を類推することができます。

解析種類

※この事例では、ANSYSに加えて以下のライセンスが必要です。
マルチスケール解析ツール Multiscale.Sim®


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ