回路・システム解析遠端クロストークと近端クロストーク

  • GHz帯で伝送線路特性に大きく影響を与える線路間の結合の理論検証、設計前検証、要素検証を必要とするPCB設計者

信号線に並行に隣接する配線にはクロストークノイズが発生し、その大きさはドライバのスイッチング速度や並行線長、配線間の間隔に大きく依存します。

  • パルス駆動源と遠端クロストーク、近端クロストークの観測点
    → ドライバ信号のスイッチング速度が大きくなると、ノイズ振幅は大きくなる。
  • 遠端クロストークノイズの立ち上がり時間に対する依存性
    → 平行線長が大きくなると、ノイズ振幅は大きくなる。
  • 遠端クロストークノイズの平行線長に対する依存性
    → 配線の間隔が大きくなると、ノイズ振幅は小さくなる。
  • 近端クロストークノイズの配線間隔に対する依存性
    → 平行線長が大きくなると、ノイズ時間幅は大きくなる。

解析モデル

解析結果


パルス駆動源と遠端クロストーク、近端クロストークの観測点

遠端クロストークノイズの立ち上がり時間に対する依存性

遠端クロストークノイズの配線間隔に対する依存性

近端クロストークノイズの平行線長に対する依存性

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ