電磁界解析トランス・チョークコイルの直流重畳インダクタンスの評価

  • 直流電流が流れるトランスやインダクターなどを設計する際、どれくらいの直流電流まで安定なインダクタンスを保持できるか知りたい。
  • 設計に応じたインダクタンス値に合わせるためにエアギャップ値などの寸法をパラメータスタディして計算したい。

コイルに流れる電流値が高くなると、磁性体が磁気飽和し、一定のインダクタンス値を保つことができなくなります。また、ギャップ量を変化させることで、インダクタンス値の値を調整することができます。
GAPが広くなると、インダクタンス値は下がりますが、一定の特性を保てる電流範囲が広がっていることを確認できます。

解析モデル


図.チョークコイルモデル

解析結果


図.電流値およびギャップを変化させたときの直流重畳特性図

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ