Laoss 3.0 リリース情報

Laossの最新版3.0の新機能を紹介します。

  • DXFジオメトリを編集してLaossでシミュレーションできることを確認するための、ジオメトリインポートツール(下図)を搭載しました。
  • 新しい特性評価として、OLEDの輝度や面内電流値を表示するする機能が追加されました。(下図)
  • カップリングの動作や境界条件に関して、数式表現を入力することで定義できるようになりました。
  • X軸やY軸を対数表示できるようになりました。
  • アダプティブメッシュリファインメントにより、高精度かつ効率的な計算が可能な不均一メッシュの作成が容易に行なえます。

 



Ansys®、及びその他すべてのANSYS, Inc.の製品名は、ANSYS, Inc.またはその子会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
多種多様な光デバイスの設計評価に役立つツールをご提供いたします。
3次元光学解析ソフトウェア「Ansys Speos」
ヘッドランプ、車内照明、空間照明、医療機器、カメラ
VRソリューション「Ansys VRXPERIENCE」
可視化、車載システム評価(ADASセンサー、ドライビングシミュレーター、ヘッドランプ)
フォトニクス解析ソフトウェア「Ansys Lumerical」
ナノ光デバイス、光半導体、レーザー、光ファイバ、光システム
耐久試験測定器「Litos」
太陽電池、OLED