製造現場における生産性向上および
品質向上のDX推進

IoT/デジタルツイン構築サービス

お問い合わせ
資料ダウンロードはこちら
資料ダウンロードはこちら

サイバネットの
IoT/デジタルツイン
構築サービスが選ばれる理由

CAEの分野で培った実績と知見を活かした、
シミュレーションベースの IoT/デジタルツインの構築は、サイバネットにご相談ください。

「IoT=IT×OT」と位置付け、IT技術を駆使した製造技術(OT)の改革を目指します。
センサデバイスの選定からシステムの開発・構築・運用までワンストップでご支援可能。
「低コストかつ高品質なものづくり」を支援いたします。

01
Professional Team 35年以上にわたり培ってきた
CAE分野の知見とIoT技術を融合
02
Customer Focus お客さまのニーズにマッチした
仕組みづくりをご提案
03
What toからHow toまで 課題の本質を正確に把握し、
適切な解決策をご提案 

IoT でできること

CAE の経験豊富なサイバネットなら、シミュレーションとスマートな連携が可能に
本来あるべき姿との差分を可視化して、現場のオペレーションへ迅速に反映

生産ロスを回避。生産性と品質管理レベルの向上を実現

  • IoTシステムにより、生産ラインのリアルタイムセンシングが可能に。データ収集の自動化によって、生産性を向上します。
  • 計画系・実績系のデータから予実を比較して生産ラインの稼働をリアルタイムでチェック。異常を検知した際にはアラートを発してお知らせします。

センサの取得データから生産設備の予防保全や
故障予測を高精度で実現

  • 生産機器のわずかな異音や温度変化、振動などのデータから不具合を事前に予測。物理的にデータ取得が難しいケースであっても、仮想センサによってシミュレーションデータを取得し、予測することが可能です。
  • センシングデータをもとに故障や不具合との相関が強いモノ・事象を分析。故障しにくい設備を設計することにも役立ちます。

分散システムの連携、生産状況の見える化に
故障予測を高精度で実現

  • 適切な品質管理・コスト管理を実現する鍵は、複数のシステムや機器の連携です。モノとシステムの連携だけでなく、システム同士の連携によってビジネス課題の解決につなげることも可能です。
  • たとえば、複数拠点に分散しているシステム同士を連携・統合して在庫計画に役立てたり、コスト情報をリスト化したり… 活用方法は無限大です。

デジタルツインでできること

デジタルツインとは

デジタルツインとは、「フィジカル(物理)な空間で収集したデータを、サイバー(仮想)空間で再現する技術」と定義されます。これまでの机上データ(理論値、既知値など)を基に行うシミュレーションに対して、「現実値」を用いたシミュレーションが可能になることで、製品開発に高品質な価値をもたらします。

シミュレーションとの連携で、物理空間と仮想空間の融合が実現

フィジカルな空間からデータを取得する際は、センサーデバイスなどから IoT 技術を駆使してデータ収集を行うことが多いのですが、現実世界では、あらゆる場所にセンサーデバイスが設置できるとは限りません。

このような問題を解決するために、弊社では「シミュレーションベースの IoT/デジタルツイン」をご提案しています。物理的にセンサーを設置することができず、現実世界では得られない情報も、シミュレーションによってリアルタイムで算出し、フィードバックすることが可能となり、物理空間と仮想空間の融合を実現します。

デジタルツインがもたらす効果

デジタルツインによって、モノ・コト・ヒトがつながると、製品の一連のライフサイクルである「開発/設計」「製造/生産」「販売」「品質保証」「保守/運用」において、さまざまな効果を期待できます。代表的な活用用途としては予防保全や予兆保全が挙げられますが、それ以外にも製品の開発や製造プロセスを効率化して歩留まりを向上させるなど、さまざまな活用方法があります。

製造現場にとどまらず、製品のライフサイクル全域において、
業務改善に役立てられるのも、デジタルツインの大きな効果です。

IoT/デジタルツイン
システム構築の流れ

シミュレーション環境を含む IoT システムアーキテクチャのご提案、プロタイプの開発、 Fit & Gap 検証、運用拡大に向けた最適化までワンストップでご支援いたします。

ヒアリング・アセスメント
現状環境のアセスメント ゴール実現のマイルストーン立案 導入・運用に向けたロードマップ作成
要件定義・基本設計
要件の抽出・定義 システムのアーキテクチャ設計
プロトタイプシステム構築
プロトタイプの構築 検証環境での動作検証
プロトタイプ動作検証
プロトタイプでの収集データ解析 パラメータの最適化 運用に向けた Fit&Gap の検証
現場環境での運用開始
現場環境での運用計画を策定 現場環境への配置 導入後のモニタリング

関連コンテンツのご案内

IoT/デジタルツインに関する資料は
こちらからダウンロード可能です。

最新の技術情報を
動画でわかりやすく解説!

過去に配信した Web セミナーを見逃し配信中です。
簡単なフォーム入力のみでいつでもどこでもご視聴可能です。

pagetop

Top

pagetop

Top

[an error occurred while processing this directive]