この機能で問題解決公差の見直し基準を作りたい時

どの公差を厳しくし品質を上げ、どの公差を緩めて生産性を上げるか。
この目利きは、生産コストを調整する重要ポイントになります。
そこで、公差寄与度を判定基準とし、定量的数値を元に見直しを行えば、コスト調整の基準が明確になります。


参考例

詳しい公差寄与度の機能はこちら


公差解析 入門
お問い合わせ
セミナー

最適設計ソリューション:サイバネットの最適設計ソリューション製品をご紹介します。
Optimus
汎用型最適設計支援ツール
CETOL 6σ
3次元CADシステム用の
公差マネジメントツール